重森裕子(シゲモリユウコ) Baile

76_ext_01_0.jpg
札幌市出身。現在は湘南在住。
3才からクラシックバレエをはじめ、13才から新体操に転向。中学の時に全市個人優勝・全道準優勝・全国大会に2度出場する。
怪我のため数年踊りから離れていた頃に、映画「カルメン」に影響を受け、舞踊 を再開。布施紀子氏主宰の「アカデミア・デル・ガトスペイン舞踊研究所」に入門。翌年に布施紀子リサイタル「新しき泉」に参加、初舞台を踏む。その後地元のイベントなどに出演。同教室の講師を数年間務める。
1999年~2000年にかけて渡西。アンダルシア地方セビージャにあるクリスティーナヘーレン財団フラメンコ芸術学校に在籍。コンチャ・バルガス、ジョランダ・ロレンソ、チョニらに師事。
帰国後、留学生4名によるリサイタル「クアトロ・エストレージャス」に出演。
その後拠点を首都圏に移し、大塚友美氏、森田志保氏に師事。またマノロマリン、ベレンマジャ、ラ・モネタ、アンドレスペーニャ等多くのアーティストに教えを受け、2009年藤沢市にフラメンコ教室をオープン、2012年よりテラスモール湘南内のカルチャーセンターなどで後進の指導にあたる一方、タブラオ等にて精力的に舞踊活動を行っている。
※イベント更新!

金曜夜(20:10~21:20)のカンテクラスリニューアル!

メニュー